— boreal-kiss.com

Archive
Tag "WEBサービス"

ちょこちょこっと書いたソースコードをhtml化してくれるWEBサービス「唐辛子」が超便利。対応言語も豊富で僕が使うものはとりあえず全部あった。

ブログなどにソースコードを貼り付けるのに便利なコンバーターです。ソースコードをHTMLにタグ付けします。

【対応言語】
JavaScript, XML/HTML, CSS,Flex, ActionScript2/3, BASIC(Visual Basic, VB.NET, VBA), PHP

ソースコード HTML化 コンバーター「唐辛子」

ActionScript 3.0だとこんなかんじ。CSSファイルを利用しないように設定できるのがいいね。

package {
    import flash.display.Sprite;  
    import flash.text.TextField;  

    public class HelloWorld extends Sprite {
        public function HelloWorld() {
            var t:TextField = new TextField();
            t.text = "Hello World!";
            addChild(t);
        }
    }
}

[関連リンク]
犬小屋ブログ: ブログに貼り付けるソースコードのHTML化に

Read More

幕末古写真ジェネレーターってのが完成度高い。今風なドリキャスが古いドリキャスに!昭和の写真ジェネレータ(仮)からさらに発展させようって思うのがすごいなあ。こういう不屈の努力はみならわんといかんな。

なぜこのサイトを作ろうとしたかというと去年の11月に「写真を一昔前のレトロなカンジにする「昭和の写真ジェネレータ」」というエントリーを書いたのですが、その時にどうしても古写真風でこういった趣向のサイトを作りたいと思っていたのです。でもなかなか満足いく質感が出せなくて試行錯誤してたのですが、やっと公開できるまでに至りました…。

幕末古写真ジェネレーター公開しました!着物写真が妙にリアルにw at 和の暮らしを楽しむブログ -瑠璃色Tradition-

[関連リンク]
ActionScriptで昭和写真化 – てっく煮ブログ
幕末古写真ジェネレータをハックする – てっく煮ブログ

Read More

ドット打つので疲れた。アルファベット全部いけるぜ!

Hatena::Iconmaker
はてブ風アイコン作成

The quick brown fox jumps over the lazy dogは、パングラム(ラテン文字のアルファベット26字をすべて用い、かつ重複を限りなく少なくした英語の短文)の一であり、タイプライターやコンピュータのキーボード等の試験によく用いられる。今日ではコンピュータ画像に表示させるフォントのサンプル文としても広く用いられている。

The quick brown fox jumps over the lazy dog – Wikipedia

Read More

こんなのが色々作れます。カラーピッカーのインクルードファイルが300kbとかあるから読み込み遅いかも。

Hatena::Iconmaker

Read More

なんかAmazonで大人買いした時に間違って買っちゃったみたい。アメリカンジョークもダラダラ訳されてて最高だぜ!似たようなのがO’Reilly Makerで作れまっせ。

Read More

ガンダムのモビルスーツ名にちなんだドメインの空席状況を調べてるうちに面白くなったのでまとめてサイト化しました。ズゴックとかゲルググとか渋いのに意外と未使用なドメイン多いよ。ガンタンクやガンキャノンはjpドメインすら未使用という人気の無さ。とりあえずzaku.inとgelgoog.inは僕がもらった。ウルフズレインフォント使ってザクを渋くしようと思う。皆もこの機会に独自ドメインをゲットだぜ!

http://ms-domain.com

Read More

なんだかはやってるみたい。自分の街専用のURLを作ったらそこへアクセスすることで街が繁栄していく、往年のSimCityを彷彿とさせるWEBサービス(FLASH製)。試しに街を作ってみた。

http://borealkiss.myminicity.com

ちょこっと遊んでみた感じでは、ユーザーのアクセス情報をサーバーに蓄積して、その蓄積データを毎回FLASHに代入、代入内容でFLASH内の街の絵が変化するって感じなのかな。中身(HTMLのソース)を見るとFLASHに渡している変数は5コ(だけっぽい)。


so.addParam("FlashVars","text=borealkiss&pop=1&pol=0&crim=0&env=0");

最初のtext(街の名前)以外はMyMiniCityのサーバー上に蓄積されているデータなのかな。だから勝手にブログパーツ化とかはできなさそう。変数のpopは人口(今1人!!)、polは汚染率、crimは犯罪率、envは環境(?)、アクセス数で変化する様子。

街は育てたいけどアクセスするの面倒ということで、最近は一カ所のサイトに街のURLを集めて、PHPなんかのCGIプログラムでそこに列挙されているURL全部にアクセスしようとする傾向にあるらしい。一人一日一回までしかアクセス情報が街繁栄に貢献しないのでそのプログラムを皆で共有して、毎日一回発動させて全部の街繁栄に貢献しよう、ってことかね。面白そうだったので僕も参加してみた。肝心の自動踏みまくりコードはPHPだとDo You PHP はてなさんなんかのとこで紹介されています。というかHTMLParserってなに!?こんなのあるんだ。便利そう。

ブログパーツにしたらすでに既存の育成ゲームとかぶってる気がする。わざわざリンク先にアクセスするという仕組みをとったのが当たりだったのかな。ちょっとくやすい!

Read More

他サイトの画像なんかを紹介するとき、画像そのものを表示するべきかどうなのかよくわからんので、お目当ての画像込みでサイトをサムネイル表示する方法を用いることに決めました。で、そのサムネイルを作成して表示させるまでの一連の動作を一挙にやってくれるWEBサービスをいくつか試したその感想等。サムネイル作成サービスに関しては僕は「ユーザー」なので作成者の意図などおかまいなしに評価します。サムネイルの実験台は何故かハムカツサンド狂想曲。リスト番号は順不同です。

  1. SimpleAPI丸角で見やすいしサムネイルとリンクタグを自動生成してくれる。APIと書いてあるので、はてなブックマークなんかですでに作成されているサムネイル画像を利用してんのかな?なので必ずしも全てのサイトのサムネイルがすぐ表示されるわけではないので実用度は低そう。すぐ表示されるサイトであれば問題無いんだけどねえ。

  2. WebShotsPro.comその場(リアルタイム)でサムネイル(サイズ4種)を作成してくれるので画像が表示されないということはない。が、画像を作るだけでリンク用のタグまで吐き出さないのが残念。

  3. Mozshotサムネイルリアルタイム作成ではない。吐き出す画像サイズが複数あるにも関わらずリンクタグがサンプルとして一つしか表示されず、さらにそのタグの選択コピーが自動でできないためユーザーによる人為的ミスを誘発する。きわめつけはソースコードに改行コードがまじっている点。ダメすぎ。僕は使わない。

  4. IgWebCapサムネイルリアルタイム作成。さらに画像サイズも結構詳細に設定できて便利。ただし、画像から直接リンク先に飛ばず、ワンクッション置いて広告のようなものを長時間見せられるのがうざい。僕は使わない。

  5. HeartRails Captureで、最終的に僕が一番良いと思ったのがコレ。サムネイルリアルタイム作成、画像サイズも可変、リンクタグのコピーミスも無し。この中では最もユーザビリティが高いと思います。

    http://hamsatellite.blog95.fc2.com

Read More