— boreal-kiss.com

Archive
Tag "Flex"

ソースコード HTML化 コンバーター「唐辛子」という非常に便利なアプリケーションがあるんですが、残念ながらRubyに対応していません。そこでRubyコード変換機能を追加したものをリリースしました。僕が使いたいというのが最大の理由なので必要最小限のプログラミング言語(Flex, ActionScript, JavaScript, Ruby, HTML, and XML)のみ変換可能です。その他の言語については本家をご利用ください。

Ruby唐辛子
[Flex]Ruby唐辛子

Rubyコードはこんな感じに表示されます。

  # POST /projects
  # POST /projects.xml
  def create
    @project = Project.new(params[:project])

    respond_to do |format|
      if @project.save
        flash[:notice] = 'Project was successfully created.'
        format.html { redirect_to(@project) }
        format.xml  { render :xml => @project, :status => :created, :location => @project }
      else
        format.html { render :action => "new" }
        format.xml  { render :xml => @project.errors, :status => :unprocessable_entity }
      end
    end
  end

参考:

八角研究所 : Flex2でソースコードをブログに貼り付けるツールを作る(1) – ブログに美しいソースコードを貼り付けよう
八角研究所 : Flex2でソースコードをブログに貼り付けるツールを作る(2) – ソースコードをブログに貼り付けるツールを拡張しよう

Read More

例えばデータベースにfirst_name, last_nameというコラムを持つusersというテーブルがあって、Railsでデータベースの内容をto_xmlで呼び出すと、以下のようにfirst_nameとlast_nameのアンダースコアを勝手にハイフンに変える。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<users>
    <user>
        <first-name>Colin</first-name>
        <last-name>Moock</last-name>
    </user>
</users>

Flexでこのxmlデータのノードを受け取る場合

//Data set from Rails
var user:XML;

trace(user.child("first-name"));//Colin

とするか、Rails側で勝手にハイフンに変えないようにする。

@user = User.find(params[:id])
render :xml => @user.to_xml (:dasherize => false)
Read More

Apache + Rails + Flex: FlashVarsを使う場合でレーダーチャートをFlexで作ったらファイルサイズ236Kb、同じものをActionScriptファイルのみで作ったら4Kbだったので驚愕。ためしに以下のような空のFlexアプリケーションを作ってみた。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" 
            width="200" height="200" backgroundColor="#FFFFFF">
</mx:Application>

ファイルサイズ148Kbだった。こんな感じ。

gradient

同じものをActionScriptクラスで作ったら4Kbだった。差ありすぎじゃねー。

package {
    import flash.display.GradientType;
    import flash.display.Sprite;
    import flash.geom.Matrix;

    [SWF(width="200",height="200")]

    public class GradientFlash extends Sprite{
        
        public function GradientFlash(){
            var w:Number = this.stage.stageWidth;
            var h:Number = this.stage.stageHeight;
            
            var mat:Matrix = new Matrix();
            mat.createGradientBox(w,h,Math.PI/2);
            var colors:Array = [0xFFFFFF, 0xDDDDDD];
            var alphas:Array = [1,1];
            var ratios:Array = [0x00,0xFF];
            graphics.beginGradientFill(GradientType.LINEAR,
                                    colors,alphas,ratios,mat);
            graphics.drawRect(0,0,w,h);
            graphics.endFill();
        }
    }
}

おまけ

Flexで背景のグラディエントをなくす場合は以下の通り。

backgroundGradientColors="[#FFFFFF,#FFFFFF]"
Read More

データベースに格納された本のスコアデータをxmlに整形してFlexチャートに読み込ませたい。実際のデモはBook reviewを参照ください。デモの場合、各ページごとにFlexに読み込ませたいデータが異なるのでFlashVarsを用いてswfファイル外部からコントロールしてやる。

Radar chart

Rails側

スコアデータ5種類用意。特定のbook idのスコアデータをFlexで読み込みやすいようにxmlデータで出力させる。Flex側で極力整形を避けたかったので、Rails側で以下のようなxmlデータを作るURL(例えば、:controller => ‘book’, :action => ‘create_xml’, :id => @book.id)を作成しておく。具体例はFlex + Ruby on Rails + MySQL 連携メモを参照ください。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<grades>
    <grade>
        <label>Easy to read?</label>
        <score>9</score>
    </grade>
    <grade>
        <label>Good contents?</label>
        <score>8</score>
    </grade>
    <grade>
        <label>Latest version?</label>
        <score>7</score>
    </grade>
    <grade>
        <label>Reasonable price?</label>
        <score>10</score>
    </grade>
    <grade>
        <label>Recommend to people?</label>
        <score>6</score>
    </grade>
</grades>

各本詳細ページ上にswfファイルを埋め込み、その本のスコアデータXMLを出力するURLをFlashVarsで指定してやる(最後の一行部分)。

AC_FL_RunContent(
    "src", "path/to/swf_file",
    "width", "300",
    "height", "220",
    "align", "middle",
    "id", "swf_id",
    "quality", "high",
    "bgcolor", "#ffffff",
    "name", "swf_name",
    "allowScriptAccess","sameDomain",
    "type", "application/x-shockwave-flash",
    "pluginspage", "http://www.adobe.com/go/getflashplayer",
    "FlashVars", "url=path/to/<%= @book.id %>"
);

FlashVarsに送るURL部分を

"Flashvars", "url=<%= url for :controller => 'book', 
                :action => 'create_xml', :id => @book.id %>"

のように書いてもよいが、Apacheの場合、url_forの出力がRailsアプリケーションディレクトリ(railsapp)からのパスになるので注意が必要。例えば@book.id=5だと

//Apacheの場合
/railsapp/book/create_xml/5

//Lighttpdの場合
/book/create_xml/5

となる。この辺の話は [Rails] Rails の動作環境と Location について – プログラミングは素晴らしいが詳しい。

Flex側

FlashVarsで送信された変数を受け取る。Flash(ActionScriptクラス)の場合と異なるので注意必要。

//Flex Applicationの場合
var params:Object = Application.application.parameters;
trace(params.url);//"path/to/xml_data"

//Flashの場合
var params:Object = this.loaderInfo.parameters;
trace(params.url);//"path/to/xml_data"

Flex内部のArrayCollectionに格納するまでの流れは以下の通り(抜粋)。完全なソースはこちらを参照ください。

import mx.rpc.http.HTTPService;
import mx.rpc.events.ResultEvent;
import mx.collections.ArrayCollection;

var params:Object = Application.application.parameters;      
var req:HTTPService = new HTTPService();
req.url = params.url;
req.send();
req.addEventListener(ResultEvent.RESULT, onResult);
            
function onResult(e:ResultEvent):void{
    var ac:ArrayCollection = e.result.grades.grade;
    //データ処理に続く
}

追記: 2008/08/08

チャート部分をFlexからActionScriptのみで作成したところ、ファイルサイズが236kb -> 4kbになった。

Read More

データベースの情報をRailsでXMLファイルに整形しFlexに読み込ませる。Model-View-Controller(MVC)パターンで言うとMCをRailsに、VをFlexに担当させる。今までデータベースへのアクセスはPHPスクリプトを書いて行っていたが、Railsを用いるとその面倒くさいテンプレート書きが必要なくなるので非常に快適。用いたのはFlexSDK 3.0, Ruby 1.8.6, Rails 1.2.6, MySQL 5.0.5。Railsは最新の2.xを用いても特に問題ないと思う。以下の例ではデータベースに格納されたの本の詳細(title, price, description)をRailsで管理、FlexのGridDataに読み込ませている。

Rails側

Railsで適当なプロジェクト(ここではflex_connect)を作成。コマンドラインより

rails flex_connect

データベースを作成。MySQLコマンドラインより

mysql> create database flex_connect_development;

Railsプロジェクト内config/database.ymlを設定(今回はdevelopmentのみ使用)。

development:
  adapter: mysql
  database: flex_connect_development
  username: root
  password: [YOURPASSWORD]
  socket: /tmp/mysql.sock

次にモデルを作成(ここではBook)。Railsプロジェクト内に移動してコマンドラインより

ruby script/generate model Book

Railsプロジェクト内、db/migrate/xxx_create_books.rb(xxxの部分はrailsのバージョンによって異なる)を以下のように修正。

class CreateBooks < ActiveRecord::Migration
  def self.up
    create_table :books do |t|
      t.column :title, :string
      t.column :price, :float
      t.column :description, :text
    end
  end

  def self.down
    drop_table :books
  end
end

コマンドラインより

rake migrate

これによりDB: flex_connect_developmentにテーブルbooks(title, price, description)が作成される(MySQLを直接触らなくてよい!)。テーブル内に適当にテストデータを入力しておく(title=”Flex3″, price=”54.99″, description=”Adobe developer library”, etc.)。Railsから入力してやるのが簡単だがここでは割愛。

次にコントローラーを作成。コマンドラインより

ruby script/generate controller Book

Railsプロジェクト内、app/controllers/book_controller.rbに以下のメソッドを定義。

class BookController < ApplicationController
  def make_xml
    @books = Book.find(:all)
    render :xml => @books.to_xml
  end
end

これで”http://localhost:3000/book/make_xml”にアクセスするとデータベース情報がXML形式で出力される。例えばこんな感じ。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<books>
  <book>
    <description>Ruby on Rails made easy.</description>
    <id type="integer">3</id>
    <price type="float">34.99</price>
    <title>Rails Solutions</title>
  </book>
  <book>
    <description>The Adobe developer library guide for rich interner application developers</description>
    <id type="integer">4</id>
    <price type="float">44.99</price>
    <title>Flex 3 Cookbook</title>
  </book>
  <book>
    <description>Friends of ED Adobe lerning library.</description>
    <id type="integer">5</id>
    <price type="float">54.99</price>
    <title>The Essential Guide To Flex 3</title>
  </book>
</books>

Flex側

“http://localhost:3000/book/make_xml”の内容をDataGridに表示させるソースは以下の通り。上記RailsのXMLファイルを出力するURLをロードしてDataGridに格納している。詳細は割愛。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" 
                    layout="absolute" creationComplete="init(event)">
    
    <mx:DataGrid dataProvider="{_bookList}">
        <mx:columns>
            <mx:DataGridColumn dataField="title" />
            <mx:DataGridColumn dataField="price" />
            <mx:DataGridColumn dataField="description" />
        </mx:columns>
    </mx:DataGrid>

    <mx:Script>
        <![CDATA[
            import mx.collections.ArrayCollection;
            import mx.rpc.http.HTTPService;
            import mx.rpc.events.ResultEvent;
            import mx.rpc.events.FaultEvent;
            import mx.controls.Alert;
            import flash.net.URLRequestMethod;
            
            [Bindable]
            private var _bookList:ArrayCollection
            
            private function init(e:Event):void{
                var req:HTTPService = new HTTPService();
                req.url = "http://localhost:3000/book/make_xml";
                req.method = URLRequestMethod.POST;
                req.send();
                req.addEventListener(ResultEvent.RESULT,onResult);
                req.addEventListener(FaultEvent.FAULT,onFault);
            }
            
            private function onResult(e:ResultEvent):void{
                _bookList = e.result.books.book;
                e.target.removeEventListener(ResultEvent.RESULT,onResult);
                e.target.removeEventListener(FaultEvent.FAULT,onFault);   
            }
            
            private function onFault(e:FaultEvent):void{
                Alert.show("Could not connect the database.","ERROR");
                e.target.removeEventListener(ResultEvent.RESULT,onResult);
                e.target.removeEventListener(FaultEvent.FAULT,onFault);   
            }
        ]]>
    </mx:Script>
</mx:Application>

まとめ

今回はRails側にMVCパターンのMCを担当させた。同様にしてRails側のコントローラーに適切なメソッド(データの追加・削除 etc.)を追加することで専用のURLを簡単に作成できるので、Flex側は必要なURLにアクセスするだけでよくなった。

Read More

The Essential Guide to Flex 3 (Essential Guide)

この本読んでFlexの基礎を習得したのだから文句いうなと言われそうだけど、払った金額は知識増と相殺、プラスαでストレスをもらったのでむかついている。

短所

  • 例えば良書Colin Moock – Essential ActionScript 3.0とessentialの意味合いが異なりすぎてまぎらわしい。”The essential Guid to Flex 3″のessentialはオライリーで言うところのの「はじめての(Lerning)」だ。Colin Moock本のノリで買った人はたぶんキレる。
  • 「心配するな!これについては後ほど詳しく説明するから!」とどこのチャプターで説明するか書いておらず不親切(既出の情報に関する言及も同様)。さらにこのように書いているにも関わらず、最後まで言及していない題材もある(例えばどのようにデータをセーブするのか教えると言いつつ教えない)。各チャプターを独立して書いているのかしらないけど教本として全体の整合性がとれてない。
  • 「心配するな!」とやたら連発されて逆に不安になる。
  • コードを断片化・小出しにして説明していくので思考が分断される。例えば同じ出版社の良書Keith Peters – Foundation Actionscript Animation: Making Things Moveは骨格->肉付けという風にコードを説明していくスタイルをとっていて内容が頭に入ってきやすい。同じ出版社の同じ値段の本とは思えない。

長所(強いて挙げるなら)

  • 索引がまあまあしっかりしている
  • 技術書にしては安い(安売りされている)
  • サンプルで一章丸々読める。(Sample Chapter)

追記 2008/08/08

レーダーチャートによる評価レビューはこちら。文句言ってるわりにリファレンスとしてちょくちょく読んでたりする。

Read More

だいぶFlexわかってきた。アンケート作ったから答えるなり。見栄はっちゃ駄目よ〜

[Flex]アンケート

Read More

MacOSXのローカルサイト(http://localhost/~USERNAME/)でFlexアプリケーションからPHP経由でMySQLと通信するまでに必要な諸設定について。文章が長くなったので今回はFlexとの連携直前の下準備まで。

About my Mac

MacOSX 10.5.3 (Intel Core 2 Duo)

必要なもの

3と4は必須ではないけど有った方が断然便利。

  1. Apache(webサーバー)
  2. MySQL(データベース)
  3. phpMyAdmin(MySQLを操作するwebアプリケーション)
  4. PEARパッケージ(PHP用モジュール)
  5. Flexアプリケーションが動作する環境(Flex Builder, Flex SDK etc.)

1. Apache

最初からMac OSXにはインストールされているので、PHPが動作するように設定をするだけ。ただし設定ファイル(httpd.conf)の在処がOSX 10.5から変更されている(参考: Mac OS X 10.5 Leopard で PHP を動作させるには − kazumich.log)。

/etc/httpd/httpd.conf (OSX 10.4) -> /etc/apache2/httpd.conf (OSX 10.5) 

httpd.conf内の以下の行のコメントアウト#をはずす。

#LoadModule php5_module      libexec/apache2/libphp5.so

以下のコマンドでApacheを再起動しhttpd.confの設定を反映させる。(この後何回も行う重要なコマンド)

sudo apachectl restart

次にMacのシステム環境設定 > ネットワーク共有からWeb共有を有効にする。これで自分のローカルサイト(http://localhost/~USERNAME/)でPHP5が動作するようになる。試しに「~/Sites/」直下に以下を記述したファイルをindex.phpとして保存(Finderだと「書類 > サイト」)。

<?php echo 'Hello world'; ?>

ブラウザでhttp://localhost/~USERNAME/index.phpにアクセスして「Hello world」と表示されたらOK。

2. MySQL

MySQL :: MySQL Downloadsより本体をダウンロード。Mac OSX 10.5用には32bit環境用(x86)と64bit環境用(x86_64)が用意されているので必要な方を。僕はx86_64をダウンロードした。PowerPCの場合はPowerPC専用と明記されたものを使わないとダメかもしれません。

MySQL本体とStartupItemsの両方をインストール。ターミナルより以下を指定でMySQLサーバが起動。

sudo /Library/StartupItems/MySQLCOM/MySQLCOM start

試しにコマンドラインで以下を指定してMySQLと通信できればOK。

mysql -u root

MySQLが起動していないとこういうエラーが出る。

Can't connect to local MySQL server through socket '/tmp/mysql.sock'

rootユーザーにパスワードを設定する場合はMySQLと通信した状態でターミナルより以下のように指定。

mysql> UPDATE user SET password = PASSWORD('********') WHERE user = 'root'; 

これで次回のMySQLログイン時にパスワード入力が必要になる。アクセスは「mysql -u root -p」。

3. phpMyAdmin

必須ではないけどGUIとしてスタンダードだしある方が断然便利。phpMyAdmin | MySQL Database Administration Tool | www.phpmyadmin.netより最新のパッケージをダウンロード。ただのPHPファイル群なのでMacがどうこうってものはない。解凍したフォルダ名を例えば「phpMyAdmin」にして例えば「~/Sites/」直下にフォルダごと移動(Finderだと「書類 > サイト」)。

フォルダ内のconfig.inc.phpファイル(またはそれに準じた名前のファイルを”config.inc.php”に修正)内に以下のような記述を加える。Authentication Typeはパスワード制にした(cockieを使う方法もある)。パスワードは先ほどrootユーザーに付与したもの。extentionの項はMySQL 4.1.2以上用のmysqli (improved MySQL)とした(mysqlでもok)。これでwebブラウザからhttp://localhost/~USERNAME/phpMyAdmin/にアクセスすると常時rootユーザーでMySQLと通信することになる。

$cfg['pmaAbsoluteUri'] = 'http://localhost/~USERNAME/phpMyAdmin/';
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'config';
$cfg['Servers'][$i]['user'] = 'root';
$cfg['Servers'][$i]['password'] = '******';
$cfg['Servers'][$i]['extension'] = 'mysqli';

毎回パスワードを要求させるのであれば上記の一部を以下のように記述。

$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'http';
$cfg['Servers'][$i]['user'] = '';
$cfg['Servers'][$i]['password'] = '';

次にPHPが参照するMySQLソケットパスを実際のMySQLソケットパスとに合わせてやる。この時点でhttp://localhost/~USERNAME/phpMyAdmin/にアクセスしてphpMyAdminが動作するのであれば通信が正しく行えている状態なので修正は必要ない。MySQLのソケットパスはMySQLと通信した状態でターミナルより確認できる。

mysql> status;

ソケットパスは僕の場合以下のようになっていた。

UNIX socket: /tmp/mysql.sock

次にPHPが参照しているMySQLソケットパスは、phpinfo()で確認できる。先ほど”Hello world”を書いたindex.phpに以下のように記述して実行すればok。

<?php phpinfo(); ?>

表示される情報の下の方にPHPが参照しているmysql(mysqli)ソケットパスが表示されているはず。僕の場合は以下のようになっていた。

MYSQL_SOCKET		/var/mysql/mysql.sock
mysql.default_socket	no value

MYSQLI_SOCKET		/var/mysql/mysql.sock
mysqli.default_socket	no value

これらを修正するためにphp.iniファイルを修正する。コマンドラインより

sudo pico /etc/php.ini

ファイル内部のMySQL (MySQLi)の項目にMySQLの実際のソケットパス(ここでは/tmp/mysql.sock)を記述。

mysql.default_socket = /tmp/mysql.sock
mysqli.default_socket = /tmp/mysql.sock

Apacheを再起動(sudo apachectl restart)してphpinfo()で確認する。先ほど”mysql.default_socket no value (mysqli.default_socket no value)”となっていた箇所が設定できていればOK。phpMyAdminにアクセスできるはず。

4. PEAR

これも絶対必須ではないけど、例えばDBモジュールだとデータベースのバージョン変化だったりに柔軟に対応できるので便利。まずインストーラーのダウンロード。ターミナルより

sudo curl http://pear.php.net/go-pear | php

どこにインストールするか聞かれるので番号を押しながら設定(参考: 素晴らしき哉、人生!: Mac OS 10.5にpearをインストール)。デフォルトだと「~/Documents」直下にインストールになる(参考: Mac OS Xで動かす軽量プログラミング言語 − @IT)。僕は前者に従って以下のように設定した。

1. Installation prefix ($prefix) : /usr/share/PEAR
2. Temporary files directory : $prefix/temp
3. Binaries directory : /usr/bin
4. PHP code directory ($php_dir) : $prefix
5. Documentation base directory : $php_dir/docs
6. Data base directory : $php_dir/data
7. Tests base directory : $php_dir/tests

上記の例の場合pearコマンドは「/usr/bin/」にインストールされるので、自分の環境設定ファイルにパスを通しておくと後々便利。

pico ~/.profile

ファイル内に以下のように記述。

export PATH="$PATH:/usr/bin"

PEARパッケージ内の情報は以下のコマンドで取得できる。

pear list

DBパッケージをインストール。上記の例の場合「/usr/share/PEAR/」配下にDB.phpがインストールされる。

sudo pear install -a DB

PEARパッケージをインストールした時点で「/etc/php.ini」の最後尾に以下のような記述が追加されているはず(なければ追加記述する)。

;***** Added by go-pear
include_path=".:/usr/share/PEAR"
;*****

php.iniファイルを反映させてから(sudo apachectl restart)、試しにDB.phpをインクルードしてみる。適当なphpファイルを作り以下のように記述してから実行。

<?php require_once('DB.php'); ?>

エラーが出なければパスが通っている証拠。これでFlex以外の環境は整いました。次回へつづく

Read More

livedocs.adobe.comリファレンスをオフラインで閲覧するためのデスクトップアプリケーションの作成手順。以下の例はFlex 3リファレンスガイドだけど別になんでもok。もちろんadobeじゃなくても応用可能。livedocsadobe.comのような階層化したhtml群をダウンロードするにはコマンドラインでwgetを用いればよいが(wgetでAdobe Flex3の日本語APIリファレンスを一括ダウンロードする方法 – アガテナ)、コマンドラインに苦手意識があるのでwgetしてくれるソフトウェアを用いた。

  1. wgetをGUI操作できるCocoaWgetをゲット(MacOSX10.4以降)
  2. CocoaWgetを起動 > URL欄に「http://livedocs.adobe.com/flex/3_jp/langref/」と入力。これでダウンロードターゲットが「flex/3_JP/langref/」配下のファイルになる
  3. 「リンクをたどる」にチェック。さらに「このホストのみ」を選んでダウンロードしたい階層を選択。ここでは10階層にした。追加ボタンを押したらダウンロード開始
  4. デフォルトだとデスクトップに「livedocs.adobe.com」というフォルダが作成されていてその中にファイル一式がダウンロードされる。フォルダの位置は適宜移動

ファイルダウンロードに関しては以上で終了で、この段階でも普通にブラウザで見れる。次にデスクトップアプリケーション化。

  1. ファイル一式をデスクトップアプリケーション化するソフトウェアFluidをゲット(MacOSX10.5以降)。Fluidは簡単に説明すると、特定のwebサイトを閲覧するための専用ブラウザ作成ソフトで、例えばtwitterクライアントなんかが簡単に作成できる。専用ブラウザなのでFirefoxやSafariが強制終了しても被害を被らず、リファレンスのような常時起動させておきたいものをブラウジングするのに非常に便利
  2. Fluidを起動 > URL欄に先ほどダウンロードしたリファレンスのトップページのロケーションを選択。不明な場合、リファレンスのトップページをFirefox等で開いてみて、ローカルURL(file:///Users/~~~~~/index.html)をそのままコピー&ペーストすればok
  3. アプリケーションの名前を設定。このアプリケーション用にアイコンを用いたい場合はその画像ファイルを指定。僕はFlickrで発見したAdobeのロゴをつかった
  4. Createボタンを押せばアプリケーションフォルダに専用ブラウザが作成されているはず

注意点としては、ローカルに保存したファイルの格納場所を変更させるとブラウジングできなくなる点。移動させる場合は再度専用ブラウザを作成する必要がある。アイコンを変えたい場合やアプリケーション名を変更したい場合も同様。まあ5秒ぐらいでできるけどね。

Read More
  1. Flash Player 10 単体版をこちらからダウンロード。現在のところオフィシャルには配布されていない様子。

    [追記:2008/06/01] 3/16以降のFlex SDK Nightly Buildに含まれているようです(akihiro kamijo: Flash Player 10 ベータのデバッグプレーヤ)
  2. SWFファイルを(常時)このプレイヤーで開くように関連づける。Macの場合swfファイルを右クリック > 情報を見る > このアプリケーションで開く > Flash Player 10を選択
  3. 実際にFlex Builder 3でActionScriptプロジェクトを作成
  4. 作成したプロジェクトのプロパティ > 実行/デバッグの設定 > 現在のプロジェクトを選択して編集(なければ新規作成)
  5. 起動するURLまたはパス > 「デフォルトを使用する」のチェックをはずす
  6. デバッグの項の起動パスをswfファイルそのものに変更(bin-debug/****.swf)して設定適用
  7. 実際にデバッグを起動すると「現在のバージョンでデバッグを試みますか?」と聞かれるので「はい」を選択

これでswfファイルを起動するFlash Playerが先ほどダンロードしたFlash Player 10に設定されているならデバッグが機能するはず。情報元はTargeting Flash Player 10 Beta with Flex SDK 3.0.x – Flex SDK – Confluenceのコメント欄より。

Read More