— boreal-kiss.com

Archive
Tag "Books"

IsoClock

文字盤のドットが3D的に見えるレトロテイストなデジタル時計アプリケーションでカラーバリエーションは白黒二色展開。元ネタはAdvancED ActionScript 3.0 AnimationのIsometric objectの章。この本面白すぎ。

アプリケーションは2009/03/31まで無料です。

Get App

アプリケーションの詳細はこちら。» IsoClock

追記 2009/03/30

無料期間はアプリケーションのアップデート日時の都合で既に終了させてあります。勘違いさせて申し訳ありません。

Read More

発売はどちらも2009年7-8月予定。先すぎて死ねる。

  • The Essential Guide to Iphone Application Development for Flash Users
    The Essential Guide to Iphone Application Development for Flash Users (Essential Guide)

    Flash専門の感のあったFriendsofEDがとうとうiPhone app本出すらしい。ただし単なるiPhone本ではなくFlashユーザーのため、としているところが一風変わったところか。ここのFlashユーザーのためのPHP本がわかりやすかったので興味はある。Essentialと付いているのでチンカス本の可能性もなきにしもあらず。

  • Cocoa Design Patterns
    Cocoa Design Patterns (Developer's Library)

    Cocoaデザインパターン本。CocoaやObjective-Cを題材にしたデザインパターンの本は存在しないので非常に興味がある。iPhone SDKプログラミング大全の著者、木下誠がダイナミックObjective-C | コラムでObjective-Cを題材にしたデザインパターンのネット解説を行っているがタイトル通りコラムの域を超えておらず、この手の内容は書物としてしっかり読みたい僕としては満足できない。

ちなみにデザインパターンの発祥はCocoaらしい。すげーなCocoa!イマイチしっくりこないけど!

もっとも、正確に言えば、Cocoaがデザインパターンを応用しているのではなく、デザインパターンがCocoaをもとにして作られた訳だが。GoF本では、パターンの実例として、Cocoaの前身である、NEXTSTEPが何度も取り上げられている。また、パターンの1つであるChain of Responsibilityという名前は、明らかにAppKitのResponder Chainから取られていると考えられる。

【コラム】ダイナミックObjective-C (49) デザインパターンで読み解くCocoa

Read More

興味を持ちつつも全然手を出していなかったGitだったのだけど、さっさと導入しとけばよかったなというのが最初の印象。普段は可能であればGUIを使いたいと思うのだけど、GitはGUI(例えばMacだとGitX)なくてもいいかなと思ってしまうほど操作が直感的だった。非常に好印象。というのも教本がとても読みやすかったからというのがある。

Pragmatic Version Control Using Git (Pragmatic Starter Kit)
Pragmatic Version Control Using Git (Pragmatic Starter Kit)

以前、同じ出版社のSubversionの本を読んだのだが([Books] SubversionとTextMateの本 – boreal-kiss.com)、Subversionの手続きが面倒なのか著者の文体が悪いのかわからないが必ずしもSubversion便利!と思える内容ではなかった。しかし、上記Gitの本はリーズナブルな内容。バージョン管理に関わる観念的な内容を実生活の行動に例えたり、なかなか上手に説明しているなと思う。一般に外国人のたとえ話なんか日本人の心に響くわけないのだけど(例えば[Books]ActionScript 3.0 Design Patterns – boreal-kiss.com)、この本はそれほど悪くなかった。

この本の面白いところは、教本中のソースのダウンロード先が全てGitのリポジトリを使っているところか。まあ当たり前と言えば当たり前だけど、プログラム本にありがちな「出版社のHPにアクセスしてサンプルソースをダウンロードする」という手間のかかる操作がなくてよかった。ということで本もGitもオススメ。

Read More

注:関連記事が4回目ということで4日目。時間はすでに二ヶ月ほど経過している。

Dave Mark – Beginning iPhone Development: Exploring the iPhone SDK
Beginning iPhone Development: Exploring the iPhone SDK

上記書籍のおかげでやっと開発までこぎつけた。丁寧に理由を付けて書かれているので内容の飛躍がなく読みやすかった。残念なところはコードの誤植が多々見受けられるところか(初心者の僕が気付くレベルの誤植なので問題ないのかもしれない)。メジャーなUIコンポーネントの使い方とデータの保存方法がわかったので、最初に作ってみたかったものを作ったら割と簡単にできあがった。ただしコンポーネントをそのまま使っているので既製品感がどうしても拭えなず、Flashやってる利点を考慮するとGraphics関連でオリジナリティが出せるのかなと思ったのでCore Graphics関連の本を購入。到着待ち。Open GLはProcessingでも役立つのでしっかり学んどいて損はないでしょう。

Core Animation for Max OS X and the iPhone: Creating Compelling Dynamic User Interfaces
Core Animation for Max OS X and the iPhone: Creating Compelling Dynamic User Interfaces (Pragmatic Programmers)

さてアプリケーションのプロトタイプを作成してからそのあとが面倒なことが判明。iPhoneでの実機テストからApp Storeに提出するまでのADC(Apple Developer Connection)とXcodeの設定が死ぬほどかったるい。Provision ProfileのXCodeでの設定をミスしたりなんだりでXCodeのオーガナイザがiPhoneの接続を拒否。二回もiPhoneを初期化するはめになった。実際にはiPhoneでの自作アプリケーションインストール・アンインストールの際に削除できなかったゴミ等が問題らしく、iPhone用のTerminal appで不要なファイルを削除すればOKらしい(参考: Marc Abramowitz » Xcode/iPhone error 0xE8000001: problem and fix)。

CertificatesとProvision ProfileについてはADCのProgram Portal(有料プログラム参加者のみアクセス可能)が詳しい。猿でもわかるぐらいしつこく細かく画像付きでやり方が書かれている。日本語であれば実機テストまでの解説だと[iPhone 開発メモ] iPhone/iPod touch に自作アプリを転送する方法 | Sun Limited Mt.が詳しい。

以下ADCでの気付き事項など。

  • ADC Program PortalでのApp IDの登録は、アプリケーションごとに逐一登録するのではなく、ワイルドカード(*)を使って一個登録しておくと以降の自作アプリケーション全てに適用できるので便利。(ex, xxxxxxxxxxx.com.borealkiss.*)
  • Provision Profileも上記のワイルドカードを使ったApp IDを使えばDevelopとDistributionそれぞれひとつづつの登録で以降全てのアプリケーション登録に利用できる。(ex, Provision Profile: borealkiss_distribution; App ID: xxxxxxxxxxx.com.borealkiss.*)
  • アプリケーションのアイコン画像はpng形式だが、App Store提出用の画像(512×512)はjpg, tiffのみ(png形式不可)。
Read More

iPhone関連の記事が三つ目という意味で3日目。まず手元にあるiPhoneアプリケーションに関する本(後述Erica Sadunの本)がどうにもこうにも読解不能だったのでStephen KochanのObjective-C本を読んだがこれが当たり。読み進めていく上で他の言語と比較していると出てきてしまう不可解な点への解答が必ずといっていいほど数ページ以内に言及されており安心して読み進められる。特にメモリ管理の章が秀逸で、ガベージコレクション標準装備の言語に慣れ親しんでいる人が読むと目から鱗が落ちるのではないだろうか。OOPの理解があればスムーズに読み進められると思う。C言語特有のポインタだったり構造体だったりについても一章割いて説明しているのでC言語初心者でもまあなんとか。オススメ。

Stephen Kochan – Programming in Objective-C
Programming in Objective-C

Objective-Cの仕組みを理解して、じゃあ手元のiPhoneの本(後述Erica Sadunの本)を読もうと思ったらやっぱり無理だった。なんか読めなさすぎてむかついてきたので、amazon.co.ukのカスタマーレビューではどんな評価なのかと思ったら「初端から超ディープなところに連れてかれるから気をつけろ」「この本を解読するのにまた別にCocoaの本が必要」「ビギナーはストレスばっかりたまる」等々、一貫してビギナーがいきなり読む本ではないとのこと。自分だけ読めないわけじゃなくてほっとした。

Erica Sadun – The iPhone Developer’s Cookbook
The iPhone Developer's Cookbook: Building Native Applications for the iPhone (Developer's Library)

じゃあ他に何かよい本ないのかと思って探したらもう一冊あった。この本のレビューは先ほどのものと違って、全部ポジティブなものばかり。「Erica SadunのiPhoneの本(上記)にがっかりしてたけどこれは読み進めやすい」「Aaron Hillegass(後述)よりもさらに読みやすいかもしれない」等々。とにかくステップアップ感覚が好評価の様子でベタほめ。

Dave Mark – Beginning iPhone Development: Exploring the iPhone SDK
Beginning iPhone Development: Exploring the iPhone SDK

前述のAaron HillegassはCocoa本Aaron Hillegass – Cocoa Programming for Mac OS Xの著者。Stephen Kochan(上記Objective-Cの著者)がObjective-C本文中でeasy-to-readスタイルのCocoa推薦書としてAaron Hillegassの本を挙げていた。そりゃ買うでしょ。一応自分の中の購入決心への流れをまとめると、

  • 僕はErica SadunのiPhoneの本が解読できなかった
  • Erica SadunのiPhoneの本が解読できなかった人がDave MarkのiPhone本をレビューでベタほめしていた
  • Dave MarkのiPhone本はAaron HillegassのCocoa本よりeasy-to-readスタイルだとレビューでベタほめされていた
  • Stephen Kochanが上記Aaron HillegassのCocoa本を読みやすいと推薦していた
  • 僕はStephen KochanのObjective-Cの本が読みやすかった

ちなみに円高なので(1GBP=130円ぐらい?去年の今頃は250円だった)送料含めてもamazon.co.ukやamazon.comから買う方が安いかもですよ。意外と発送早いし。

Read More

XcodeでC言語を、ActionScriptでOOPの体系を理解しているはずなので割とスムーズに事が運ぶだろうと思っていたけどかなりハード。Objective-C 2.0はC言語に毛が生えたようなものではなかった。さらにAppleが提供する得体の知れないフレームワークが重なって難航中。読み進めているのは以下の二冊。

  • iPhone SDK Development
    iPhone SDK Development

    amazon.co.jpでは予約受付中になっているがThe Pragmatic Bookshelf | iPhone SDK Developmentでpdf版が買える。製本はまだされていない。Objective-CやCocoaを知っていれば初心者が納得しつつすすめられそうな感じ。僕は難航中。

  • The iPhone Developer’s Cookbook
    The iPhone Developer's Cookbook: Building Native Applications for the iPhone (Developer's Library)

    amazon.co.jpでは予約受付中になっているが、amazon.com(僕はamazon.co.uk経由で購入)ではペーパー版が買える。Cookbookと題されているだけあってある程度iPhone SDKを触っている人向けな内容。僕は余裕で理解不能。

iPhone SDKだけど、完全にスクリプティングのみで開発するものじゃないかんじ?Interface Builderという専用のソフトとXcodeの間をいったりきたりでめまぐるしい。ボタンの動作等、イベントの仕組みもよくわからん。とりあえず使用言語の仕組みを知らないと話が始まりそうになかったのでObjective-Cの本を一冊注文。2-3日で届けばよいな。

Read More

どちらも同じ出版社の本だけど対照的。

  • Adobe Air in Action
    Adobe Air in Action

    AIRの良書。Flash, Flexに慣れ親しんだ人がAIRについてのみ知りたい場合などに最適。逆にFlashの知識が全くない状態でAIRをやってみようという場合には解読不能かも。Window, File system, Drag-and drop, SQLiteなど、AIR特有の機能に内容を絞っていて、しかもかなり原理的なところから説明しているので好感度が高い(FileStreamの進行状況を視覚化してあったり)。難点を挙げるとすると、これは出版社MANNINGの問題なんだけど、ここの本のレイアウト、文字スタイルが無駄に凝ってたり見出しごとにフォントかえてたりして見づらいんだよね。目がチカチカするっていうか。O’Reillyはそのへんさすがだと思う。

    » レーダーチャート評点

  • Flexible Rails: Flex 3 on Rails 2
    Flexible Rails: Flex 3 on Rails 2

    Flex + Rails。2008年に購入した本の中でぶっちぎり独走状態のクソ本。扱っている内容はFlex, Railsとも実践的で高度なのだが(Flex 3, Rails 2.0, RubyAMF, Cairngormなどを一緒に扱っている本はたぶん世の中にこれしかない)、著者の文章力がお粗末。自分の挙げた質問に脱線しまくったあげく見当違いな答えが書いてあったりして愕然とさせられる。要所要所でかいま見られる「この本への著者の愛」も読んでて非常に気持ち悪い。「TVゲームが超絶うまい小学生に書かかせたゲーム攻略本の文章」っていうとイメージ湧くかな。この本のせいで出版社のMANNINGのイメージがよろしくなくなった。

    » レーダーチャート評点

Read More

ブログパーツコレクション
ブログパーツコレクション

この本のどこかにうちのブログパーツが載っているはず。しかし随分とまあファンシーな表紙ですこと。

Read More
  • The Essential Guide to Open Source Flash Development (The Essential Guide)

    The Essential Guide to Open Source Flash Development (The Essential Guide)

    Flash本。ネットで断片的に情報を集めるとえらい時間がかかりそうな膨大な数のオープンソースプロジェクトを一カ所に集めてレビュー(ほとんどは紹介のみだがワクワクさせられる)しているすごい本。しかもそれぞれのプロジェクトの責任者のような人が執筆しているのがよい点で俄然信頼性がでてくる。内容が無茶苦茶濃いので全部読めてないけど、AMFPHPとデバッグツールに関するレビュー部分は役立った。haXeが気になった。前半5章ぐらいを同じ人が執筆しているのだけど、何故かActionScript 2と3を(断りなしに)混在させて説明していくスタイルなのでよみづらい。Papervision3Dは10ページほどしか説明されていない。こんな中途半端にページ割くぐらいならなくてもいいんじゃない。あとTweenerじゃなくてFuseってのが紹介されてる。Tweenerにしろよ!

    総合ポイント

  • Foundation Flex for Developers: Data-Driven Applications with PHP, ASP.NET, ColdFusion, and LCDS (Foundation)

    Foundation Flex for Developers: Data-Driven Applications with PHP, ASP.NET, ColdFusion, and LCDS (Foundation)

    Flex本。名前の通りFlexとその他とのデータ通信、という部分に重点を置いている。HTTPService(URLLoadrと違うところ)やRemoteObject、サーバー側の各技術についてそれぞれ章を設けて過不足なく説明している。本の半分は各サーバーサイド技術のケーススタディなので中々貴重な本なんじゃないかな。RemoteObjectに必要なconfigファイルが何なのか説明がなく残念(今だに理解できておらず)。Ruby(Rails)との連携が全然書いてないのも残念無念。

    総合ポイント

  • Creating Mashups with Adobe Flex and AIR (Friends of Ed Abobe Learning Library)

    Creating Mashups with Adobe Flex and AIR (Friends of Ed Abobe Learning Library)

    Flex + AIR本。マッシュアップされる側(Twitter, Amazon, etc.)のAPIの説明に重点が置かれていて、ActionScriptはできて当たり前という感じ。扱っている内容は高度だと思う。同時に3コのAPIを盛り込んで(1コずつやれよ!)モリモリコーディングしていくけどスクリプトの説明はおかまいなしというスタイルで、重要なところが見えにくく教本としてはあまり好きになれない。後半、結構なページ量AIRに割かれていて、それは役立った。特にFlexからAIRに移行する際のつまずきそうな箇所に重点が置かれている(ウィンドウと***-app.xmlについて等)。

    総合ポイント

    Twitterクライアントの作成例の図に日本人の方の発言がでかでかと掲載されてて超おもろい。本の著者は絶対理解してないだろうけど。

    ****: エロゲはよくわからんな。
    *******: 靴脱がしちゃらめええええええええ

    (Creating Mashups p.212 Figure 10-4より)

Read More
Read More