— boreal-kiss.com

[Books] AIRの良書とFlexとRailsのクソ本

どちらも同じ出版社の本だけど対照的。

  • Adobe Air in Action
    Adobe Air in Action

    AIRの良書。Flash, Flexに慣れ親しんだ人がAIRについてのみ知りたい場合などに最適。逆にFlashの知識が全くない状態でAIRをやってみようという場合には解読不能かも。Window, File system, Drag-and drop, SQLiteなど、AIR特有の機能に内容を絞っていて、しかもかなり原理的なところから説明しているので好感度が高い(FileStreamの進行状況を視覚化してあったり)。難点を挙げるとすると、これは出版社MANNINGの問題なんだけど、ここの本のレイアウト、文字スタイルが無駄に凝ってたり見出しごとにフォントかえてたりして見づらいんだよね。目がチカチカするっていうか。O’Reillyはそのへんさすがだと思う。

    » レーダーチャート評点

  • Flexible Rails: Flex 3 on Rails 2
    Flexible Rails: Flex 3 on Rails 2

    Flex + Rails。2008年に購入した本の中でぶっちぎり独走状態のクソ本。扱っている内容はFlex, Railsとも実践的で高度なのだが(Flex 3, Rails 2.0, RubyAMF, Cairngormなどを一緒に扱っている本はたぶん世の中にこれしかない)、著者の文章力がお粗末。自分の挙げた質問に脱線しまくったあげく見当違いな答えが書いてあったりして愕然とさせられる。要所要所でかいま見られる「この本への著者の愛」も読んでて非常に気持ち悪い。「TVゲームが超絶うまい小学生に書かかせたゲーム攻略本の文章」っていうとイメージ湧くかな。この本のせいで出版社のMANNINGのイメージがよろしくなくなった。

    » レーダーチャート評点

0 comments
Submit comment