— boreal-kiss.com

[Mac]adobe livedocsを一括ダウンロード > デスクトップアプリケーション化

livedocs.adobe.comリファレンスをオフラインで閲覧するためのデスクトップアプリケーションの作成手順。以下の例はFlex 3リファレンスガイドだけど別になんでもok。もちろんadobeじゃなくても応用可能。livedocsadobe.comのような階層化したhtml群をダウンロードするにはコマンドラインでwgetを用いればよいが(wgetでAdobe Flex3の日本語APIリファレンスを一括ダウンロードする方法 – アガテナ)、コマンドラインに苦手意識があるのでwgetしてくれるソフトウェアを用いた。

  1. wgetをGUI操作できるCocoaWgetをゲット(MacOSX10.4以降)
  2. CocoaWgetを起動 > URL欄に「http://livedocs.adobe.com/flex/3_jp/langref/」と入力。これでダウンロードターゲットが「flex/3_JP/langref/」配下のファイルになる
  3. 「リンクをたどる」にチェック。さらに「このホストのみ」を選んでダウンロードしたい階層を選択。ここでは10階層にした。追加ボタンを押したらダウンロード開始
  4. デフォルトだとデスクトップに「livedocs.adobe.com」というフォルダが作成されていてその中にファイル一式がダウンロードされる。フォルダの位置は適宜移動

ファイルダウンロードに関しては以上で終了で、この段階でも普通にブラウザで見れる。次にデスクトップアプリケーション化。

  1. ファイル一式をデスクトップアプリケーション化するソフトウェアFluidをゲット(MacOSX10.5以降)。Fluidは簡単に説明すると、特定のwebサイトを閲覧するための専用ブラウザ作成ソフトで、例えばtwitterクライアントなんかが簡単に作成できる。専用ブラウザなのでFirefoxやSafariが強制終了しても被害を被らず、リファレンスのような常時起動させておきたいものをブラウジングするのに非常に便利
  2. Fluidを起動 > URL欄に先ほどダウンロードしたリファレンスのトップページのロケーションを選択。不明な場合、リファレンスのトップページをFirefox等で開いてみて、ローカルURL(file:///Users/~~~~~/index.html)をそのままコピー&ペーストすればok
  3. アプリケーションの名前を設定。このアプリケーション用にアイコンを用いたい場合はその画像ファイルを指定。僕はFlickrで発見したAdobeのロゴをつかった
  4. Createボタンを押せばアプリケーションフォルダに専用ブラウザが作成されているはず

注意点としては、ローカルに保存したファイルの格納場所を変更させるとブラウジングできなくなる点。移動させる場合は再度専用ブラウザを作成する必要がある。アイコンを変えたい場合やアプリケーション名を変更したい場合も同様。まあ5秒ぐらいでできるけどね。

0 comments
Submit comment