— boreal-kiss.com

FileReference.loadでサウンドをロードするライブラリ

FileReference.loadは読み込んだデータがByteArray型になるため、ByteArrayを読み込むメソッドがないSoundクラスの場合かなり不便。FlexibleFactoryでFileReference.loadで選択したMP3ファイルを再生するパッケージが配布されている。使い方も超簡単。ローカルのMP3からサウンドスペクトラムを表示するサンプルを作ってみた。自分のチョイスした曲を無理矢理聴かせるよりは良心的かな。

[FlashPlayer10]Suck Your Music
(要Flash Player 10)

import flash.events.Event;
import flash.events.MouseEvent;
import flash.net.FileReference;
import org.audiofx.mp3.MP3FileReferenceLoader;
import org.audiofx.mp3.MP3SoundEvent;
    
_loader:MP3FileReferenceLoader = new MP3FileReferenceLoader();
_loader.addEventListener(MP3SoundEvent.COMPLETE,onComplete);
_fr:FileReference = new FileReference();
_fr.addEventListener(Event.SELECT,onSelect);
stage.addEventListener(MouseEvent.CLICK,onClick);

function onClick(e:MouseEvent):void{
    _fr.browse();
}
        
function onSelect(e:Event):void{
    _loader.getSound(_fr);
}

function onComplete(e:MP3SoundEvent):void{
    e.sound.play();
}
1 comment
  1. […] サウンド生波形を円上に配置したもの。周波数ごとに配置すると面白い分布図になるのではと予想。ロードボタンでローカルマシンのMP3を選択後それを演奏します。キックが重い音響系など、できるだけ音に空間的広がりが感じられるものをロードすると面白い波形が見れるはず。FileReference.load()経由のmp3の読み込みには例によってライブラリを使用している。詳細はFileReference.loadでサウンドをロードするライブラリ – boreal-kiss.com を参照ください。 […]

Submit comment